無職でも簡単にお金を借りる方法

場合によっては無職の人でも簡単にお金を借りる方法があります。消費者金融の場合には本人に安定した収入が必要な場合がほとんどで、無職で配偶者がいない場合にはほぼ間違いなく断られます。しかし銀行のカードローンの場合だと規制がないため、本人は無職であっても配偶者に安定した収入があれは借入が可能な場合があります。
その場合だと本人はもちろんですが、配偶者も審査の対象になります。申し込みがあれば銀行は信用情報登録機関に過去のクレジットカードや消費者金融の履歴を確認します。その中で本人だけでなく配偶者に遅延や延滞などの金融事故の情報がある場合には審査に通過しない場合がほとんどです。
次に配偶者がきちんと働いているかどうかも確認されます。配偶者の職場に銀行のカスタマーセンターから電話が入る場合があります。本人が出られない場合でも、職場の人から不在という事が確認が取れれば良いです。万が一職場で働いている事実が確認できない場合には収入がないだけでなく、嘘をつく人と判断される場合があります。最後に緊急連絡先も審査の対象となる場合があります。万が一支払いに遅れが生じた場合には銀行は連絡をしますが、連絡が取れない場合には銀行はかなり困ります。そのため緊急連絡先に銀行から電話があった場合にはでなくに出る必要があります。以上が簡単にお金を借りる方法になります。支払いに関しては遅れると強制解約となるおそれがあるので、注意が必要になります。